Honki岩白

2014.10.23その他

飛鳥Ⅱ

出張先から正午過ぎに広島に帰ってまいりまして、その後は市役所にて各部局と打ち合わせを重ねていました。

その際に今日、宇品の外貿ふ頭(10000トンバース)に大型客船「飛鳥Ⅱ」が寄港していることを市の職員さんから知らされ、それは観とかねばと愛車AZワゴンのキーを急ぎまわし宇品へ。

デカかったし美しかったです、はい(^ー^)

来年には五日市にも、これまたビッグサイズの豪華客船が来広しますが、広島市域の都市圏が連携して、ホスピタリティと観光誘導をしなくてはなりませんね。

しかし、見学に来られていた人が結構少ないんです。広報のあり方もありますが、港湾管理権が広島県ということもあり、港湾政策と広島市の政策における「縦割り」からくる一貫性、連続性の欠如にも原因があるんだろうと感じた次第です。

メリット・デメリットがあることは百も承知ですが、広島市が港湾管理権を得ていくべく、道筋を立てていく必要性を感じています。(名古屋市のように、近隣自治体との一部事務組合の可能性も含めて)

飛鳥Ⅱは、明朝6時半に出港し呉に移動し、26日の夕方5時に再び10000トンバースに寄港し、その後、韓国釜山にむかう予定となっています。

ご都合つかれる方は是非、ご覧になられたらいかがでしょうか(^-^)

  • 国連アジア太平洋本部の広島市誘致