Honki岩白

2014.11.04活動報告

街頭演説会

おはようございます。はやくも11月、肌寒くなってきましたね。

昨日は、空を飛ぶ光る物体の目撃情報が相次いだそうですが、こんな非日常的な現象を目の当たりにしますと「I don’t Want to Miss a Thing」のフレーズが脳裏をよぎってしまいます^^; 大宇宙・自然界における事象、人力では如何ともしがたいことばかりです。

そんな無力の人間界の日本という国の広島市という地域の地上で、誕生してたった40年そこらの4人の男がマイクを握りました。議会制民主主義・二元代表制(市長と議員の直接選挙)・資本主義経済というシステムを選択している現代の私たちが、この街をいかに持続可能な都市として発展させていくか。

広島市民の皆様は年間で約2000億円の市税(個人市民税・法人市民税・固定資産税等)を、この広島市という公共社会の維持運営の為に納められています(国税・県民税も別で納められていますが)。その限りある税金の使い道を決定するプロセスが、いわゆる「政治」でもあります。

そこを遠ざけてきた結果、どうだったでしょうか。無関心を決め込み、誰かのせいにしてきた結果、この街の財政、借金(1兆500億円)、都市計画、街づくりはどうなっているのか。そして何の為に、議員を選挙で選んできたのか。。広島市も平成32年、6年後から人口が減少しはじめます。福岡市は毎年1万人づつ人口が増えている。なぜ?

そんなことを訴えさせて頂きました。

天文学的にいえばミクロなことですが、今をこの地球(ほし)で日本という国の広島市で愛すべき守るべきものをもつ私たちにとっては、やっぱりマクロな問題ばかり。

これからも、あらゆる機会をつくり、マイクを握ってまいりたいと思います。

今日も頑張りましょう!

  • 国連アジア太平洋本部の広島市誘致