Honki岩白

2014.11.22イベント

第7回ひろしま次世代政経懇談会

昨日、衆議院の解散と時おなじくして、「第7回ひろしま次世代政経懇談会」を開催させて頂きました。この場をお借りいたしまして、ご参加くださいました方々、ご参加が叶わなくとも気にかけて下さいました方々に、心から感謝・お礼を申し上げます。

平成13年に広島信用金庫を退職した翌月から勉強会を開始し、最初に集まってくれたのが6人。まさにそこからのスタートであり、あれから13年。朝カフェや夜カフェと、勉強会のカタチは変化し、昨日は520名の経済人の皆様に駆け付けて頂きました。

ゼロからのスタート。といえばカッコイイですが、実情はそんなものではなく、こんな何もない雑草のごとき私のような者の勉強会に、各業界の第一線でご活躍される皆様に、こんなにも多く足を運んで頂けましたことが、ただただ有り難く。身も心も引き締まる想いでございます。

少子高齢・人口減少社会、グローバル経済社会等、わが広島市も前例なき時代を迎えようとしています。ある意味で、過去の統計だけを頼りに前進できない社会でもあります。が、そんな今だからこそ、歴史に謙虚に学び、本質を見極め、そして何よりもブレない信念をもって。歴史の評価に耐えうる政治判断を心掛けてまいりたいと思います。

そして、ご講演下さいました岸 博幸さんのお話にもありましが、「空気」を変える重要性。この国の、この広島市の空気、景気(雰囲気)を変えていくことができる若者・ばか者であるためにも、歴史の英知、先人たちの声に耳を傾けながら、道なき時代に、道をつくる。まさに温故創新の気概。

私の人生でも大きな節目となった第7回目のひろしま次世代政経懇談会を終え、また新たな心の炎が燃え盛っています。

広島の確実に輝く次代を見据え、やるべきことに必ず挑戦してまいります!

  • 国連アジア太平洋本部の広島市誘致