Honki岩白

2015.05.27政策

議員として

 

「市長を支える」
「市長与党」

こんなことを堂々と公言できる議員って、自らが背負っている議員としての職責をご存知ないんだろうか。

公務員試験を受けて、市職員として存分に支えられたらいいのに。。

会派の数どうこうではない。こんな履き違えた市議会じゃ、市民の皆さんが「議会制民主主義」に支払うコストにみあわない。

議員定数の大幅な削減を望むしかありません。

もしくは、市民の皆さんが市議会の「オール市長与党化」を望まれるのであれば、広島市は議会制民主主義を放棄すべき。

必要ありません。

議員は仕事をしていない、というご指摘をよく受けます。

何をもって仕事かも、市民ニーズ・意識によって千差万別ですが、市議会という機関の維持管理費も、市議会議員にかかる報酬等も、この街の民主主義にかかるコスト。

そろそろ、この社会システムのあり方についても全市民的に議論すべきでも。

今日享受している議会制度は、費用対効果が悪すぎます。

なにせ、この街の議員が、社会システムを理解できてないんですから・・

  • 国連アジア太平洋本部の広島市誘致