Honki岩白

2015.07.26活動報告

日々目標と夢

真夏日の日曜日ですね。

こんな日はインドアでお仕事、、というわけでもないんですが、事務所にずっとひきこもって約半日を国交省の資料とにらめっこ状態で、頭から湯気がでてきそうな夕刻です。

また明日は、現在設立準備室として動いている「(一社)広島アジア太平洋交流協会(HAFA)」のキックオフミーティングを10名の理事、1名の顧問で行い、設立目的・公益事業目的等を共有させていただきます。そして明日から本格的な設立手続きに入り、9月発足を目指すことになります。

で、今は明日の配布資料や補足説明資料を作成している最中。

「広島市をアジアのジュネーヴにする」ことは目的です。

しかし、現状と申しますか国際都市としてのソフト基盤整備であったり、身につけておくべき体制やオモテナシ意識といったものの民間主導による取り組み。

行政も民間もクリアする課題は多いです。

これはひとつの「まちづくり」にも繋がるんですが、HAFAは「おれがオレが」ではなく、人と人とを繋げ、誰もがそれぞれの強みを生かして「国際都市ひろしま」を創生していく主役になれるお手伝いをしていきたいと思ってます。

そして、この街であらゆる立場で想いをもって活躍されるクリエーターたちを繋げ、プラットフォームになることによって、クリエイティヴ・シティ広島を実現します。

夢の実現にむけて、また更に一歩。

考動あるのみです。

お昼前頃には気分転換もかねて丸善ジュンク堂へいき、2冊を購入しました。

『全国のR不動産(面白くローカルに住むためのガイド)』
『世界のSSD100 都市持続再生のツボ』(SSDとはSustainabie Site Designの略)

最近、「まちづくり」に関する書籍を読む割合が非常に高くなっていることに気づきますが、わが広島市の持続可能性を追求するにあたり、そこにソフトな思考と関わる者たちのワクワクが共存することなく、従来の役所(=世間)の常識で政治行政を動かしてたらキッと、、広島市は小さな東京を目指したまま動脈硬化おこしていくんだろうな・・という危機感からでしょうか^^;

この有限の人生、いつ終えることになったとしても「今日がベストだ」と確信できるように。日々目標と夢をもって、完全燃焼していきたいと思っています!

  • 国連アジア太平洋本部の広島市誘致