Honki岩白

2015.09.08活動報告

宮島競艇場視察

【宮島競艇場はインバウンド、MICEの受け皿としての魅力十二分!】

人生で初めて廿日市市の宮島競艇場へ視察にいってまいりました。
これまでの正直なイメージは、怖そうなオジ様たちが沢山いるところであり、近くに生活していながら全く身近な場所ではありませんでした。

所有は廿日市市で管理は㈱永和。
中学の先輩でもある永和の岩田社長とのご縁で、一気に身近となった競艇場ですが、実際に視察して驚いたのが、写真にもありますように、こんなに立派なユニークベニューともいえる会場が、ほぼ廿日市市によって活用されていないこと。

宮島と瀬戸内海を一望でき、コンベンションやレセプション会場としての特性を、誰も気づいていないのか、競艇場という特殊性から敬遠してきたのか。。ホールにしても、永田町の自民党本部9階のホールよりも立派な空間もデススペース。勿体なさすぎです(T_T)

ボートレースも日本特有のアミューズメント文化であり(韓国でもありますが)、訪れた外国人観光客にとって統合リゾート(IR)的な雰囲気も提供しています。

これまで活かされてきたとはいえないこの空間を、如何にして廿日市市がインバウンド、MICE政策として加味できるか。注目していきたいですし、廿日市市のみならず広島市でも広域連携で活用していけるよう提案してみたいと考えています。

ちなみに、宮島の花火大会時のロケーションはヤバいです(*^。^*)

  • 国連アジア太平洋本部の広島市誘致