Honki岩白

2015.11.04その他

東証に上場

日本郵政グループ3社が東証に上場しましたね。。

今日の臨時議会でのルールなき発言、そしてそれを許す議会の雰囲気。

そして議会改革推進会議の中身等、書きたいことは山積していますが、時間的なこともあるので、この上場について。。

ゆうちょ銀行の預金残高は約177兆円ですから、民間金融機関のトップである三菱東京UFJ銀行を上回りますし、かんぽ生命の保険料収入も、日本生命や第一生命と肩を並べる規模。政府保有株の放出としては、1987年に上場したNTT株、1998年上場のNTTドコモ株に続く超大型案件ですから、ま、注目されるのは当たり前ではあります。

これから民間市場で対等に競争していくためにも、ゆうちょ銀行やかんぽ生命が、いかなる住宅ローンやがん保険といった新規の商品開発をしてくるのか気にはなるところです。

と同時に、今年は「日本郵便の父」といわれる前島密生誕180年。
イギリスに渡って初めて、利益優先ではない公共サービスとしての全国均一料金を知り、「日本でも公共の精神に貫かれた郵便を作ろう」と、様々な試練を乗り越えられ、また全国の所謂名士が国の為にと立ち上がり、今日までの郵便制度が誕生して180年。その前島密の精神として継承されてきた郵便事業は、正に国民の財産でも。

何事にもメリットとデメリットがありますが、どこか寂しく、そしてどこか恐ろしく聞こえる「上場の鐘」でもあります。

  • 国連アジア太平洋本部の広島市誘致