Honki岩白

2015.11.05その他

マンション民泊問題 YAHOOニュース

いわゆる「Airbnb」をめぐるトラブルですね。

「Airbnb」とは自分の家だったり、所有したり賃貸している空き部屋を有料で貸すことができるサービスのことで、インターネットを活用して、誰でも自分の家を貸し出すことができることで世界中にインパクトを与えています。

広島市では「Airbnb」のサービスを提供している件数はまだまだ少ないんですが、私個人的には、このサービスは空き家・空き部屋対策であったり、それこそ「普通の家庭の雰囲気を味わいたい」という外国人観光客のインバウンドの受け皿としての可能性を感じてはいたんですが。。

ま、しかし、やっぱり旅館やホテル業界は怒りますよねぇ。ましてやトラブルもけっこうあるみたいで。全国で問題となっているケースが多発していることも事実。

と同時に、今年の10月から国家戦略特区事業の一つで、東京都大田区で「民泊」を実施する方針を政府が示しましたし、来月の区議会で民泊に関する条例案を区議会に提出するといった動きもでています。

こうした国家戦略特区では、外国人向けに「Airbnb」のような宿泊サービスを提供する場合、「特定の条件」を満たした上で、都道府県知事の許可を得れば、旅館業法に一部抵触した事業を営んでいても、旅館業法に定められた条件を満たさずに営業できるんです。

さあ、国際平和文化都市広島市はこの民泊について動くのかどうか。これ書きながら、来月の一般質問のテーマに加味しようかと思いはじめました。

  • 国連アジア太平洋本部の広島市誘致