Honki岩白

2015.11.30活動報告

一般社団法人広島アジア太平洋交流協会(HAFA)

【広島市をアジアのジュネーブにする!】

この想いをあらゆるところで、あらゆる機会を頂戴してはお伝えさせていただき続けています。

しかし、国連や国際機関の誘致に限りませんが、あらゆる都市政策の成功のカギは、市民の皆様の想いにかかっていることでも。

私は議会人として、私の出来る限りの考動を優先順位を明確にとっていきますが、広島市が国際都市としてMICE都市として観光都市として、益々発展していく為には、ボトムアップで市民力の発揮が希求されますし、プラットフォームが必要。

そんな中、先日、各業界で頑張る第2次ベビーブーム世代が集結し、

「一般社団法人広島アジア太平洋交流協会(HAFA)」

を民間団体として発足し、広島市のMICE・観光施策における土壌改良と申しましょうか、ホスピタリティやアイデアのニーズバンクとしての機能を果たすべく動き出しました。

(代表理事)野口隆志

(常務理事)馬水茂男

(以下理事)児玉昇司、奥原誠次郎、岩田雄介、清水ひとみ、高橋浩嗣、緒方直之、山本新太郎

(監事)中村政英

心強いですし、かなり期待していますし、新たな価値観を発信してほしい、、というか、メンバーみたら必ずクリエイティブな展開を魅せてくれると確信しています。

持続発展可能な広島市の実現に向け、お一人でも多くの皆様のお力とご理解を得るべく努力してまいりたいと思っています。

  • 国連アジア太平洋本部の広島市誘致