Honki岩白

2016.04.04その他

入学式

午前中は広島市立大学の入学式に来賓として出席してきました。
平成6年の設立ですから、私が修大在学時。

近隣ということと、当時の学食を比較したときに、新設の市立大学のランチがとても美味しく、市立大学の学食はほとんどが修大生だった風景を思い出しました。

また、市立大学には西日本で唯一の芸術学部があり、毎年芸術家の卵を輩出しています。
じゃ、広島市域にどれだけの職場としての受け皿を設けてこれたか…。

現代美術館があるからといって、学芸員の枠がそうそう空くものではありません。
1度の開催に約9,000万円の公費を30年も費やしているアニメーションフェスティバルにしてもそうですが、広島市にコンテンツ産業のクラスターが出来ているわけではありません。

広島市が税金を投入して、学部を設け人材を育成したり、事業展開をする為には、目的とその意義を明確にしたビジョンとして掲げ、市民と共有する必要があります。

そこを忘れてしまえば、公立大学は民業圧迫でしかありません。

今日は目出度い席でしたので学長には少ししか申し上げませんでしたが、是非とも出口をより整備し、素晴らしい人材を育成され、広島市域で活躍できる環境の創成に尽力頂きたいと思います。

もう一枚の写真は、このあと、広電高須電停から電車に乗るんですが、こんな雰囲気ならいいのに…と、単なる妄想です(汗)

  • 国連アジア太平洋本部の広島市誘致