Honki岩白

2016.05.08その他

男子の本懐

明日から東南アジア視察。

機中で読む本をと、近くのフタバ図書に行って1時間迷ったあげく決めかね。

事務所に戻り書棚を物色して発見したのがコレ。

「男子の本懐」。

読み直します。

まさに激動の時代。

国際情勢が急速に変化し、国内では政党政治が行き詰まりを見せていた時代。

世相が混沌とする中で、緊縮財政・金解禁という困難な施策に邁進した気骨ある政治家浜口雄幸と井上準之助の生き様。

「男子の本懐」とは、浜口元首相が東京駅で撃たれたときの言葉。

こんな台詞を吐ける政治家が今の日本にどれほどいるだろう。

GWも今日で最後。皆様、大変お疲れ様でございました。

  • 国連アジア太平洋本部の広島市誘致