Honki岩白

2016.05.26活動報告

熱い若き人材と『広島和僑会』をつくる

今日も朝から来客・打合せの連続。

東京からもお出で頂いたのですが、ほとんどが同世代のビジネスパーソン。

みんな頑張ってる、もがいてる。でも、なんとか突き抜けようと。

私と同様、用意されているものが何もない連中と、いかにサーマルをおこしていくか。

気づけばそんな同類に、毎日のように訪ねてきてもらえる。

中には2代目3代目、いやいや4代目の経営者もいるけれど、これまた羨ましい対象ではなく。背負う、引き継ぐ重圧。

ほんと凄いなと。

有限の人生です。

前線で動き回れてあと30年あるかどうか。

30年というと長く感じますが、正月30回です。

恐らくは不確かな社会となってるだろう30年後を見据えて。みんな必死に生きてる。

政治家の端くれとして、やはりジッとなんてしてられない。

みんな、これからもこの街で生きていく仲間。

縮小していく地方都市が生き残るためには、時にして和僑となってでもASEANに乗り込むか。

そんな流れで、在広島で『広島和僑会』つくる方向に。

まずは情報と人脈から。

とにもかくも、広島にはかくも熱い若き人材で溢れています。

毎日のように刺激を受けまくり、昨日は1日ベッドから起き上がれなかったりして(汗)

今日も屋内での打ち合わせだけなのに、汗ビッショリ(; ̄ー ̄A

今日も「生かされてるなぁ」と感謝感謝の夕方です!

  • 国連アジア太平洋本部の広島市誘致