Honki岩白

2016.09.27その他

今日の経済新聞より

外国人労働者を受け入れるにあたり、在留期間を優遇したり、永住許可要件も緩和していますが、この流れが移民政策に繋がりそうで心配。ドイツに学んでね。

あと単純に、労働力の減少は必ずしも労働力の不足と同義じゃないって読んだことが。

場合によっては、余剰労働力が発生することもあるとか。

必要な労働力を決定付けるのは、飽くまでも「需要」の動向ですしね。

そして、外国人=安く使える人件費という発想は、そろそろやめたほうが。

ASEAN行って感じましたが、賃金上昇のスピードは著しく、日本の水準に追い付くのは時間の問題。

あと、介護や育児、建設分野が単純労働なんでしょうか。

今からお葬儀です。

  • 国連アジア太平洋本部の広島市誘致