Honki岩白

2016.11.08その他

広島市の不能欠損額

朝刊に、生活保護費の過払い金、広島市で1億5582万円。

回収できなければ5年で時効。

いわゆる、不能欠損に関する記事が。

平成27年度の広島市全会計(1兆750億円)決算ベースでみると、収入未済額が196億6500万円。

時効で消える不能欠損額が25億7000万円。

不用額(予算を組んでたにも関わらず、結果として使用する必要がなくなった額)でみると、301億7400万円。

全国のどの自治体も、予算がないないと言ってはいますが、本来得られるはずの税収入で得られてない金額は大きく、使われていない税も300億を超している現実。

正直者がバカをみない公共社会にしたいものです。

  • 国連アジア太平洋本部の広島市誘致