Honki岩白

2016.11.10その他

アメリカ大統領

朝刊に、トランプインパクト。政治に怒り「劇薬」選ぶ、とはいい得て妙だなと。

同時に、エスタブリッシュメントが必死に長らく守ってきた権益をぶち壊そうとしている。

これができるのがアメリカなんだと感じもします。

国民からしたら、誰が大統領になるかというより、こういう「政治“業界”的に正しいとされるエリート意識連中」が右往左往しているところをみて、快哉を叫んでいるような気も。

実際当選していちばん困ってるのは、トランプ自身かもしれませんしね。

東京金融市場もトランプショックに見舞わられているようですが、選挙キャンペーンがすべてではなく、特に外交についてはある程度の継続性が担保されることは間違いありません。

また日本政府からしたら、戦後レジームからの脱却、最後のチャンスでも。このタイミングに安倍首相がどう動けるか。注目です。

最後に。エスタブリッシュメントが跋扈する広島市にこそ、トランプショックが必要だと感じるのは、私だけではないと思います。

  • 国連アジア太平洋本部の広島市誘致