Honki岩白

2017.05.29活動報告

市長や議会の選挙

気づけば、5月も最後の週になりましたね。
ときに、小事にこだわるには、人生はあまりにも短くもあるものです。

8:30から、議会の市政調査課市の住宅政策課と打合せをおこない、その後、次々に本庁から届けられる資料の読み込みを行い、その後、広テレじゃん!に。

今日も、来客対応や当局との打合せetc、色々走りながら考える1日になりそうです(^-^)

今朝の日経ですが、千葉市長選挙の投票率が29.07%

決して千葉市だけの問題ではなく、そろそろ、総務省(国)から県知事も市長も派遣すれば足りるのではないかという感じの数字。
明治から暫くは県令や市長は派遣でしたしね。

そして同じく日経ですが、議会の廃止。

あらゆる機会で、常々申し上げているのは、350万人の横浜市から、例えば記事にある大川村までもの、全国の1718もの市町村に、国会の縮図のような議会があり、バッチつけた議員がいること自体が違和感。

民主主義でこれからもいくのであれば、はやく地方自治法を改正し、自治体ごとに民主主義のシステムのあり方を決めていけるようにすべきと強く思います。

例えば、マンションの理事会のように輪番にするとか。

裁判員制度でも、意識をかえてきました。

市長や議会の選挙。全国画一なやり方で、支障をきたすのはもはや当たり前。

ある意味で、一番大切な法改正ではないでしょうか。

  • 国連アジア太平洋本部の広島市誘致