Honki岩白

2018.08.17議会

議会の改革を推進することが目的の会議から

今朝は、議会の改革を推進することが目的の会議から。

これまでも述べてきていますが、その方向性になかなか納得できない。議会内では、ある議員にも言われましたが、私が「不思議ちゃん」な存在として浮くんですが、どーしても、この場の雰囲気が不思議で仕方ない。

議会で全会一致を目指す?
そんなことあり得ますか?逆に全会一致できる政治判断って、多くの妥協により、中身スカスカになってしまう。

議会は合議制だから、とも言われました。
いや、議会という場で、本会議や各委員会が設けられていることが、その合議制を担保していることに既になっている。

写真に、私の議事録の一部が掲載されてますが、この議論には会派の役割という側面がとても薄くなっている。何故か?現段階での会派状況がそうさせている。

何年か前の、自民党21人会派のときには、こんな全会一致だのとの議論なんてあり得なかった。
何を目的とし、何を果たさんが為に、この議論を公費をかけて行っているのか。
8年間、公費をかけてきて、なんの公益を実現してきたのか。

よく「議会内のことを悪く書くな」と怒られますが、私はむしろ議会の権能と機能をより良いものとしたく書いている自負がある。例え議会内で嫌われようとも。

会議の場で言うべきを言わずに、ここで書くのはどうかと思いますが、私はすべて公言もしています。

お盆明けからスイッチ入りまくりです。
そんな議会に感謝m(__)m

  • 国連アジア太平洋本部の広島市誘致