Honki岩白

2014.03.17広域連携

「広域連携グローカルリンク 広島西・山口東」

このたび、自治体の枠を超えた政策集団「広域連携グローカルリンク広島西・山口東」を発足させていただきました。

議会、経済界(民間企業)、市民、NPO、行政といったあらゆるセクターが集い、近隣市町との広域政策ネットワークを形成します。観光政策をはじめ、自治体の枠を超えた価値観が求められる諸課題に対し、連携をとりながら「新たなクリエイティビティ」を追及すべく活動してまいります。

広島西・山口東エリア(広島市・廿日市市・江田島市・大竹市・安芸太田町・岩国市・和木町・周防大島町)といった行政圏を、当会において共有した広域連携政策をもって繋ぎ合わせるべく、参加者間で積み上げたアイデアを、当会所属の議員が代表して各自治体の「議会」から一斉提言を行うというものです。

形骸化し機能しづらい行政主導の広域施策(トップダウン)ではなく、ボトムアップ型の、ある意味で真の(議会制)民主主義を機能させる大きな一歩。

このエリアから日本全国に発信してまいります。

中央集権型の社会システムを抜本的に見直し、国の統治機構を基礎自治体中心の地方分権型へ転換することが求められますし、「廃藩置県」ならぬ「廃県置藩」的なよりコンパクトな広域行政圏のあり方こそ、今日の私たちの生活に適合しているものと考えます。(合併ではなく連携)

また、4月26日(土)には午後2時から「広域連携グローカルリンク広島西・山口東」設立総会を、廿日市の安芸グランドホテルにて開催いたします。
各自治体の議員や経済人、NPOをはじめ様々な分野の皆様にご参加いただき、基調講演には、広島経済大学教授の川村健一先生をお迎えし、『広域行政圏におけるサスティナブル・コミュニティの形成(仮)』と題してご講演頂きます。

是非とも趣旨をご理解いただき、皆様のご協力、ご参画を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

(写真は代表発起人会議の様子です。)

  • 国連アジア太平洋本部の広島市誘致