Honki岩白

2018.09.06活動報告

あらゆる自然の猛威が日本に

北海道を襲った地震の報に、正直背中に寒いものを感じました。関西の台風で関西国際空港の浸水シーンに驚愕したばかり。

酷暑(火)、土砂や地震災害(土)、豪雨や台風による災害(水)と、あらゆる自然の猛威が日本に。
自然と共生する日本人独特の感性、謂わば「八百万の神を感じる心」が、いま日本に求められているのでしょうか。

またこの度の北海道地震ですが、被害の大きさを比較するのは意味の無いことではありますが、今回の地震は夏であったことは不幸中の幸いだったとも。
冬の北海道で同じことが起きれば、暖炉や灯油ストーブによる火災や、寒さによる二次災害が予想されました。

平成最後の年に、自然界から日本国への何らかの警告なのか。
鎮まって頂きたい。

写真は、議会での風景と広島アグリフードサービス㈱が実施する「五日市地区給食センター」を視察した際のものです。

広島アグリフードサービス(株)は、官民連携により五日市地区の小中学校の給食製造・供給、及び高齢者施設などの配食サービス事業に取り組んでらっしゃる、ひろしま駅弁のグループ会社。

民間企業の経験と技術を活かした「民設民営」(PPP)の学校給食事業を全国で初めて実現され、食材の多くを県内で調達し、地産地消比率を高め、地域経済の活性化を目標に掲げています。

設備環境も日本一であり、その衛生確保手段たるや徹底度がスゴい!給食も試食させて頂きましたが、素晴らしく美味しい!
ほんと勉強になりました。

  • 国連アジア太平洋本部の広島市誘致