Honki岩白

2018.12.18報告

原爆の絵画展

基町高校の生徒たちが、被爆者の方々から証言をヒアリングし、そのままを絵にした「原爆の絵画展」に行ってまいりました。

今を生き、次代を創っていく高校生たちの感性で、いかなる表現や発信になっているのか。
とても興味深く観させてもらいました。

場所は、国際会議場の地下1階。
そして、その奥の奥。

今日も沢山の修学旅行生たちが、原爆資料館に集っていましたが、誰一人、その絵画展に気付かれる人はおらず、素通りしていました。

もったいない!
折角、修学旅行生たちと同世代の学生が描いた“ノーモア・ヒロシマ”。そこの感性にも是非触れてほしいなぁと。

そして、やっぱり展示場所(T^T)
取り組みは素晴らしいんですが、もっと太陽のあたる場所でやってあげましょうよ。広島市の高校生が精一杯書いたメッセージだから。

あと、説明して下さる方や英語説明なり表記なり、これはMUSTですよ。数少ない来場者のなかでも、東南アジアからのカップル来られてましたが、全く説明文が読めていませんでした。

このFBを、市役所の方も多数ご覧になって頂いてるの知ってるので、まずは庁内でこんな意見でてたと共有をお願い致します。

近くを通行されることありましたら、被爆者の方々の体験談から生まれた高校生たちの作品を、是非ご覧になってみてください。

  • 国連アジア太平洋本部の広島市誘致