Honki岩白

2019.04.18活動報告

市当局とミーティング

今日は朝イチから【介護保険・障害福祉】について、市当局とミーティング。

地域ケア会議のあり方から、癌患者さんと介護保険、福祉用具の手続きのあり方、そして介護サービス事業者の指定ならびに、その取り消し処分について等々、現場から頂いた声を基に。

事業者への取り消し処分。全国的にも増加傾向にありまして、広島市でも少なくない現状があります。
今年度もすでに3件。(介護保険2 障害福祉1)

高齢者も増え、介護施設も増加していますので、取り消し件数も比例するのかもしれませんが、やはり市民が支払っている介護保険料です。
そこを原資としている不正は、制度全体の信頼を損ないもしますので、行政は適切な監査を引き続き行う必要があります。

介護保険、障害福祉のテーマは、やはり「現場」からの声がすべてです。
様々な専門職の皆様が活躍される現場において、それを横断的に捉え、点ではなく面で行政と向き合うプラットホーム(シンクタンク)も必要かと感じています。

そしてそのプラットホームをもって、行政etcと向き合う仕組みづくり。
これからも幅広くご意見等伺い、課題解決にむけて努力してまいりたいと思い

  • 国連アジア太平洋本部の広島市誘致