Honki岩白

2014.05.10その他

草津八幡宮 創祀1420年式年大祭

心地よい五月晴れの土曜日ですね。今日の午前中は、西区の草津八幡宮におきます「創祀1420年式年大祭 記念事業竣功奉告祭・祝賀会」にお招き頂き出席して参りました。

しかし、1420年の歴史ってスゴイですよね。
草津八幡宮は、宮島の厳島神社とほぼ時を同じくして推古天皇二年(594)に、宗像三女神の一柱、多紀理姫命をお祀りしたのが創祀と伝えられています。

あらためまして、わが国の素晴らしさを実感するものですし、このような神社を氏神様にもつ私たち氏子も幸せ者だと。特に禰宜さんとは懇意にさせて頂いており、お慶びを申し上げて参りました。
また、邇保姫神社の渡部宮司さんや比治山神社の大巳宮司さんとも、ゆっくり会話させて頂き有意義なひと時でした。

爽やかな風によって音をたてる木々であったり、聞こえてくるホトトギスの声。こうした何気ない様に神を感じる日本国民の感性。失ってはならないものですね。

今日はこれから、2件ほど地域で面談をした後、明日の座談会にむけた資料づくりと、事務所で原稿作成に勤しみます。現在、夏にむけてミニ新聞を作成する段取りで動いており、コツコツやっています。

草津八幡宮で心地よい鋭気を頂きました。森羅万象に感謝しつつ、職責を全うしてまいりたいと思います。

  • 国連アジア太平洋本部の広島市誘致